February 14, 2019

 日経新聞連載「医療フロントライン」に本庄の研究紹介が掲載されました。

 人のつながりや社会が、人の健康にどのように影響を与えるのか、これまでに本庄が行ってきた研究を簡単に説明しています。

ぜひご覧ください!

記事pdfはこちら
https://www.omp.ac.jp/vqh17r0000001s9s-att/vqh17r0000001vrf.pdf

「医療フロントライン」記事一覧はこちら
https://www.omp.ac.jp/frontlinemedicalcare2019.html

February 1, 2019

 本庄が第29回日本疫学会学術総会の日本疫学会企画の中で、「今後の日本疫学会の人材育成のあり方」について講演を行いました。
日本疫学会が次代を担う人材育成を行うための3つの基本目標と、それぞれのワーキンググループ (WG) の活動について、概要を説明しました。
 本庄は疫学教育推進WGの構成委員を務めており、2018年の活動について、実施したサマーセミナーの様子と共に報告し、さらに2019年の計画をお示ししました。他のWGの先生方からも活動および方針についてご説明を頂き、総合討論では、今後日本で疫学専門家を育成し、疫学を広めていくための具体的な方策について、活発な意見交換を行うことができました。

 これからも日本の疫学のために、がんばっていきたいと思います。

January 23, 2019

本教室が担当する2018年度秋学期の授業が終了しました。
今学期は、医学心理学・行動科学の授業に加えて、
1年生のセミナーを初めて担当し、学生さん8名を対象に16回のセミナーを行いました。
「質問紙調査方法について学ぶ」というテーマの下、
1年生ながら自分たちの興味のある事を仮説にした研究計画書を作成し、
オリジナルの質問票を作り、回答依頼、データ入力、解析、発表までやり遂げた皆さんは立派でした。
慣れないパソコンでの作業を含め、今回がんばって学んだことはきっと将来役に立つはずです。

私たち教員にとっても、今回のセミナーはとても勉強になりました。
学生さんからのコメントを活かして、また来年、充実したセミナーにしたいと思います!
 

November 21, 2018

大阪医科大学医学会 平成30年度秋季学術講演会で本庄が特別講演を行いました。
「社会が健康・疾病に与える影響 -How does society get into the skin?」と題し、教育歴・雇用形態・婚姻形態・地域の貧困度等の個人の社会経済要因や地域環境要因により生じる健康格差をテーマに、これまでに実施した研究結果を発表しました。


質疑応答の時間には、フロアの先生方から多分野にわたる興味深いご質問を頂き、充実したディスカッションを行うことができました。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

October 26, 2018

10月24-26日に郡山で開催された、第77回日本公衆衛生学会総会で、鈴木が口頭発表を行いました。
各種公的データを統合し、日本人女性の社会的地位に関する市区町村レベルの社会環境指標が、男女の死亡率に与える影響についての解析結果を発表しました。
フロアから頂いたご質問や、今後の解析についてのご助言を参考にさせて頂き、
論文化に向けて、引き続きがんばっていきたいと思います。

October 9, 2018

居住形態と産後うつ発症リスクの関連に関する研究結果をSocial Science & Medicine誌に発表しました。

妊娠期に誰と一緒に居住しているかは産後うつの発症リスクに影響があること、そして、その関連は出産後のパートナーの育児に対するかかわり方によって変化することを把握しました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0277953618305380 (2018/11/24まで)

Honjo K*, Kimura T, Baba S, Ikehara S, Kitano K, Sato T, Iso H, and Japan Environment & Children’s Study Group. Association between family members and risk of postpartum depression in Japan: does “who they live with” matter? -the Japan Environment and Children’s Study. Soc Sci Med. 2018 (in press)

September 20, 2018

本教室は心理学・行動科学教室から社会・行動科学教室(Social and Behavioral Sciences)へ教室名を変更いたしました。

August 5, 2018

大阪大学で開催された第9回大阪公衆衛生セミナーに本庄が登壇しました。本庄は本セミナーを立ち上げから参加し大阪大学、UCL等と連携しながら管理運営を担当してまいりました。本年度も日本のジェンダーの健康影響について講義させていただきました。

July 19, 2018

高槻高校から当教室に、1年生1名がいらっしゃいました!
同じ法人に属する高槻高校と大阪医科大学の高大接続課題実習として、本庄と鈴木が「疫学研究の基礎と研究例の紹介」についての講義を行いました。
研究デザインや方法、そして因果推論についても、具体例を交えて一緒に考える、盛りだくさんの3時間になりました。

2学期以降には自分で研究を行っていくそうなので、今後の活躍に期待しています!

June 29, 2018

本庄は韓国延世大学医学部にてPreventive medicineや公衆衛生大学院の大学院生や研修医のみなさんに講義「Gender as a social determinant of health」をしました。活発な議論がありとても楽しい時間でした! 参加してくださったみなさんに感謝です。

Please reload

​大阪医科大学 〒569-8686 大阪府高槻市大学町2番7号

© All rights reserved by Kaori Honjo. 当サイトのコンテンツの無断で転写を禁じます