NEW 研究発表

July 27, 2019

中年期の就労女性における雇用形態と自覚的健康感の関連に関する研究結果をJournal of Epidemiology誌に発表しました。

非正規雇用ならびに自営で働く女性は、正規雇用で働く女性と比較して健康状態が悪いと感じている割合が低いーつまり、非正規雇用者や自営業者の自覚的健康度は正規雇用者より良いとこを把握しました。また、非正規雇用者の自覚的健康度が正規雇用者と比較して良いという関連は、非正規雇用者の家庭と仕事の葛藤(work-family conflict)が正規雇用者と比較して少ない事によることも把握しました。

 

 

Honjo K, Iso H, Ikeda A, Yamagishi Y, Saito I, Kato T, Yasuda N, Aoyagi  K, Arima K, Sakata K, Tanno K, Inoue M, Iwasaki M, Shimazu T, Goto A, Yamaji T, Sawada N, Tsugane S, JPHC-NEXT Study Group. Cross-sectional association between employment status and self-rated health among middle-aged Japanese women: The influence of socioeconomic conditions and work-life conflict.

J Epidemiol. 2019 (in press) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/advpub/0/advpub_JE20190005/_article

 

 

Please reload

​大阪医科大学 〒569-8686 大阪府高槻市大学町2番7号

© All rights reserved by Kaori Honjo. 当サイトのコンテンツの無断で転写を禁じます