NEW 研究発表

October 9, 2018

 

 

 居住形態と産後うつ発症リスクの関連に関する研究結果をSocial Science & Medicine誌に発表しました。

 

妊娠期に誰と一緒に居住しているかは産後うつの発症リスクに影響があること、そして、その関連は出産後のパートナーの育児に対するかかわり方によって変化することを把握しました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0277953618305380 (2018/11/24まで)

 

Honjo K*, Kimura T, Baba S, Ikehara S, Kitano K, Sato T, Iso H, and Japan Environment & Children’s Study Group. Association between family members and risk of postpartum depression in Japan: does “who they live with” matter? -the Japan Environment and Children’s Study. Soc Sci Med. 2018 (in press)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

​大阪医科大学 〒569-8686 大阪府高槻市大学町2番7号

© All rights reserved by Kaori Honjo. 当サイトのコンテンツの無断で転写を禁じます